会社員のうちにやっておくべき独立準備

フリーのSEになるためには、会社員のうちにやっておいた方がいいことがある。フリーになると会社員の頃とは業務形態が変わるため、あらかじめ独立準備を行い、効率よく仕事に取り組みたいものだ。

まず、審査が必要な手続きは独立する前に済ませておくべきだ。フリーだと会社員と比べて社会的な信用が低く見られてしまう傾向にある。そのため、会社員の頃にクレジットカードやローンなどのフリーとして働くための必要な手続きを終わらせておく必要があるのだ。独立した後に手続きをしようとしても審査が通りにくい場合があるので注意しておこう。
収入の管理も忘れてはいけない。口座はプライベート用と仕事用に分けておくことで収入の管理がしやすくなる。どちらも一緒くたにしてしまうと資金繰りが難しくなるからだ。税金の支払いも行う必要がある。会社員の頃は給料から税金が差し引かれることで納税を行っていたが、フリーになると全て自分で税金の支払いをしなくてはいけない。収入の管理を怠らないためには、帳簿を作成しておくことをお勧めする。
フリーで活動するときには、必ずと言っていいほどメールアドレスが必要になる。メールアドレスを取得するときには、フリーのメールアドレスでもいいが、できるだけ独自ドメインのメールアドレスを取るように心がけよう。独自ドメインのメールアドレスの方が信頼性が増すため、フリーのSEとして活動するときにプラスに働く可能性があるためだ。
その他、独立前の準備については【起業したいSEへ】も確認してほしい。

会社員のうちにSE独立準備を済ませておき、効率よく時間の節約をしながら活動しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です